小児腎臓病科・小児泌尿器科|浦安市 新浦安 原小児科クリニック

〒279-0023 千葉県浦安市高洲1丁目9−9

047-380-2525

WEB予約
タイトル

小児腎臓病科・小児泌尿器科

小児腎臓病科

イメージ

学校検尿で異常が出たら受診してください。
小・中学生の慢性糸球体腎炎(下記ご参照)の頻度は0.05%前後と考えられていますが、その約70〜80%が「学校検尿」で発見されています。言い換えれば、学校検尿で血尿やたんぱく尿が検出されてはじめて腎炎であることがわかるケースが多いということです。
そして、学校検尿で発見された慢性糸球体腎炎は、浮腫(むくみ)や食欲不振などの症状が起こってから診断されたものに比べて、糸球体の病変は明らかに軽く、また適切な生活管理や治療を行えば、予後(病状の経過についての医学的な見通し)が良いことも明らかにされています。
また、学校検尿が全国的に普及した昭和54年度から、慢性糸球体腎炎で小児期に腎不全に陥る子どもが減少していると言われており、これも学校検尿による慢性腎疾患の早期発見と関係があると見られています。
学校の尿検査などで異常通知をもらった際には、当院にご相談ください。

糸球体腎炎

腎臓の濾過装置である糸球体に炎症が生じるによって、血尿やたんぱく尿*が出る疾患を総称して糸球体腎炎と言い、その主なものに急性糸球体腎炎と慢性糸球体腎炎の2種類があります。

急性糸球体腎炎

咽頭炎や扁桃炎などの感染(主にA群β溶連菌によるもの)が起きて1~3週間後に、たんぱく尿・血尿、尿量減少、浮腫(むくみ)、高血圧等を伴って発症する一過性の急性腎炎症候群です。小児や若年者に多いのですが、成人や高齢者にもみられます。
治療としては、安静、保温のほか、水分、塩分、たんぱく質の摂取制限が行われます。また、急性期には溶連菌感染に対する抗生物質の投与、高血圧に対しては降圧薬と利尿薬が使用されることもあります。ほとんどのケースで、後遺症も無く治癒します。

慢性糸球体腎炎(慢性腎炎)
イメージ

たんぱく尿や血尿が長期間(1年以上)持続するものを言います。原因としては、免疫反応の異常が多いと考えられています。症状としては、たんぱく尿や血尿のほか、高血圧、めまい、肩こり、浮腫(むくみ)、頭痛、倦怠感などが現れます。
治療の基本は、抗血小板薬や抗凝固薬、降圧薬などによる薬物療法と食事療養(塩分制限・たんぱく制限など)です。血圧のコントロールに努め、症状の悪化を防ぎます。また、競技スポーツなどの激しい運動や過労を避けるようにします。

血尿・たんぱく尿

血尿・たんぱく尿は尿検査(検尿)で診断できます。血尿は、尿中に血液(赤血球)が漏れ出ている状態で、尿が赤く見えなくても血尿の場合があります。また、たんぱく尿は尿中にたんぱく質が漏れ出ている状態です。通常、病気の無い方では尿中に血液やたんぱく質が出ることはありません。そのため、血尿・たんぱく尿が出た場合は、腎臓などの泌尿器に何らかの疾患がある可能性が高いので、原因をつき止める必要があります

小児泌尿器科

イメージ

小児泌尿器科とは、尿が作られる腎臓、尿が体の外に排泄される際の通り道である尿路(尿管、膀胱、尿道)、そして精巣や陰茎、子宮・腟などの内・外性器に疾患をもつ子どもを対象に診療する科目です。成人とは検査や治療の方法が違ってきます。
当院では、お子様の泌尿器の悩みやトラブルのご相談に専門的に対応いたします。
お子様の包茎や性器の痛み、頻尿をはじめ、気になる症状が見られた際は、お気軽にご相談ください。

こんな症状はご相談ください

男の子
アイコン
  • 尿検査で血尿やたんぱく尿を指摘された。
  • おちんちんを痛がる、痒がる。
  • おちんちんの先が赤く腫れている。
  • おちんちんの皮がむけない。
  • おちんちんの色や大きさ、においなどが気になる。
  • たまの様子がおかしい。
  • 小学校に上がったのに、おねしょが治らない。
  • 昼間におしっこを漏らす。
  • おしっこの色やにおい、回数などがおかしい。 など
女の子
アイコン
  • 尿検査で血尿やたんぱく尿を指摘された。
  • またの部分を痛がる、痒がる。
  • おしっこが出なくて、痛がる。
  • おしっこに血が混じっていた。
  • おねしょがなかなか治らなくて心配。
  • おしっこの色やにおい、回数などがおかしい。 など

包茎

おちんちんの亀頭部分が包皮で覆われたままになっている状態を「包茎」と言います。手で包皮をむく(亀頭に沿って引っぱる)と亀頭の一部でも露出する場合は「仮性包茎」であり、まったく心配ありません。
乳幼児にみられる包茎のほとんどは「生理的包茎」で、幼児・学童と成長するにつれ次第にむけてくるものです。新生児は大抵が手を使ってもむけない包茎状態ですが、乳幼児の頃には包茎と思われても次第にむけてきます。17歳頃には、ほとんどの方で包皮がむけ、心配の無い状態になると言われます。

子どもの包茎の注意点

包皮口(輪)が狭いために包皮がむけないケースを「真性包茎」と言います。思春期100人に1人くらいいると言われ、成人まで続くような場合は治療が必要になります。しかし、子どもの包茎は真性包茎の状態と似ているものでも、前述のように多くは思春期になると自然に解消していくため、処置は必要無く、思春期まで放置して経過をみて良いと考えられます。
ただし、例外的に手術をしたほうが良いケースもありますので、下記のような場合は泌尿器科医への受診が必要です。

包皮口が狭いために排尿が難しい

尿が包皮内に溜まり、風船状に膨らんでおしっこが出にくいため、膀胱や腎臓を傷めてしまう恐れがあります。おしっこが勢いよく線を描き、腹圧を加えずにスムーズに出ているかどうかに注意し、排尿の状態を医師に話しましょう。

亀頭包皮炎を繰り返す

包皮と亀頭の間に溜まった恥垢に細菌が増殖して起こります。おちんちんの先が赤く腫れ、膿が出たり、おしっこの時に痛がったります。年に数回以上繰り返すようなら、手術を考えます。包皮口が極端に狭くなく、年に2~3回程度なら、ただちに手術はせず、抗生剤の外用と内服で処置し、経過を見ます。

嵌頓包茎を起こしたことがある

普段はむけにくい包皮がたまたま何かの拍子にむけて、狭い包皮輪によって亀頭の頸が強く締めつけられ、元に戻らなくなってしまい、亀頭がむくみ、痛みを伴っている状態を嵌頓(かんとん)包茎と言います。亀頭を包皮の中に手で戻すことを試み、うまくいかない時は、ただちに泌尿器科を受診しましょう。

思春期を過ぎた真性包茎

思春期を過ぎても真性包茎の場合は、泌尿器科への受診をお勧めします。

おちんちんの痛み

子どもが「おちんちんが痛い」と言っている場合は、亀頭包皮炎が考えられます。
おちんちんの皮は赤く腫れ、触った時やおしっこの時に痛がります。おちんちんの先からは黄色い膿が出てくることがあります。これは亀頭と包皮(おちんちんを包んでいる皮膚)の間に常在菌が繁殖して炎症を起こした状態です。
乳幼児男子では包皮と亀頭が癒着しているため、包皮をめくることができません(生理的包茎)。そのため、包皮と亀頭の間に垢やかす(恥垢)が溜まりやすく、いつも尿で汚れ、不潔な状態になっています。そこに表皮ブドウ球菌やレンサ球菌が感染して炎症を起こすのです。通常は、小学生以下の子どもに見られ、だんだんと抵抗力がついてきて、中学生以上になると減少します。
診断は泌尿器科医が診察すればすぐにわかり、特別な検査は必要ありません。
治療は膿を出して消毒した後に、抗生剤の軟膏を塗ります。炎症が強いようなら抗生剤を内服します。治ったら、再発を防ぐために、入浴した際に時々皮をむくようにして洗います。汚れた手でおちんちんを触らないように注意しておくことも大切です。

頻尿

イメージ

高齢になると頻尿に悩まされる方が多くなりますが、実は子どもにも頻尿は少なからず見受けられます。お子様のトイレ間隔が明らかに短いようなら(目安としては、トイレに行く間隔が2時間より短い場合、または日中の排尿回数が8〜10回以上)、受診をお勧めします。
子どもの頻尿の原因のほとんどは、「膀胱炎」か「心因性の頻尿」です。

子どもの膀胱炎

膀胱炎は、大腸菌などの細菌が尿道口から膀胱に侵入して増殖し、膀胱内に炎症が生じる疾患です。細菌感染によって膀胱や尿道が刺激を受けると、同時に排尿中枢も刺激され、膀胱に尿が十分に溜まる前に尿意を催します。こうして頻尿症状が起こります。頻尿以外には、排尿時痛や高熱が特徴的な症状です。2~3歳以上の子どもなら排尿時の痛みを自分で訴えますし、幼児でも排尿時に痛そうな仕草や表情をします。
膀胱炎かどうかを診断するには、尿検査や尿の培養検査を行います。尿中の白血球が増加していたり、多少の出血を伴ったりしていれば、多くは膀胱炎と診断されます。膀胱炎の治療では抗生剤を内服すれば、ほとんどは数日でよくなります(抗生剤は最後まで飲み切ることが肝心です)。膀胱炎が完治すれば、頻尿症状も消失します。

心因性の頻尿

イメージ

もともと繊細でナイーブな子どもが、何らかの原因によって精神的にひどく緊張したり不安を募らせたりして、何度も何度も頻回にトイレに行くようになることがあります。しかし、排尿時に痛んだり発熱したりすることはなく、いつも通りに元気に過ごしています。夢中になって遊んでいる時など、何かに集中しているとトイレに行かなくなるのが特徴です。また、尿検査をしても細菌感染の兆候は見られません。
心因性の頻尿の場合は、何かに集中していればトイレに行きたい気持ちが紛れます。そのためトイレに気持ちが向かないよう、他のことで気を紛らわすようにしながら様子を見ていれば、だんだんと頻尿がなくなることもあります。長期間にわたって頻尿が続くようなら、膀胱の過敏性を抑え、膀胱をリラックスさせる薬(抗コリン薬)の服用が効果的です。
心因性の頻尿は、適切な治療を受けながら数週間も様子を見ていれば、ほとんどの場合は治まってきますし、子どもの成長と共に次第に起こらなくなってきます。

お役立ちサイト

バナー